画像の説明
2016.03.06. 「免疫系」、「」のページに加筆しました。
2015.07.06 「癌の原因は長年の複合汚染」、「癌を治すには癌を治す道を歩まなくては癌を治すことは出来ません。」、「不治の病は人生の方向転換をするチャンスです!」、「癌を克服する道を歩むための心構え」、「生命力を高めて癌を治す! 私(神河照美)のお勧め」のページを追加しました。
2015.07.03 Natural Life 私のポリシーを追加しました。
2015.07.01 サイトをリニューアルし、スマートフォンに対応しました!今後ともよろしくお願いします。オフィス神河も宜しくお願いします。

癌克服はゴールではありません!

ようこそ!癌を治して30年余り、ますます元気な神河です。

身が癌に侵されているか、あるいは、ご家族や恋人・友人など大切な方に癌で苦しんでいらっしゃる方が多い事と思います。

など等、置かれている立場も夫々、状況も様々でしょうが、このHPを少しでも、お役に立てて頂ければ幸いに思います。
また、私は癌をはじめ、不治の病と言われるものを含む30以上の病気をも乗り越えてきました。その体験もご参考頂ければと存じます。

このホームページでは、私自身が余命3ヶ月の癌を完治させた結果を手にするまでの間に身につけた事。気づいた事。分かった事などを中心に、肉体的なことだけではなく、「生」や「死」に関する私の考え方や、心構えなどについてもお伝えさせて頂こうと考えております。
ですから、

現在の西洋医学的な常識・東洋医学的な常識や一般常識とは違う。
そんな事は当たり前だ。
何か宗教的観念が含まれている。
そんな筈は無い。

などと思える様な事があるかも知れません。
けれども、
本気で癌を治したい!乗越えたい!乗越えさせたい!乗越えて欲しい!と思うのであれば、この様な既成概念は一旦横において、死から生還したものの体験(臨死体験も致しました)から発せられる言葉を聞き取り入れて頂きたいのです。

治りたいのなら、治ってほしいのであれば、治してあげたいのであれば、結果を出した人(完治した人)の真似をするのが一番の近道なのではないかと思います。
これは、学ぶ事と同じではないでしょうか。

確かに巷には、「良い」というもの「効く」というもの「治る」と言うものが溢れています。何を選ぶかは、自分自身で決める事なのです。

何れを選んでも苦しいのです。決して楽で良くなる、楽で治るという事はありません。

同じ苦しい思いをするなら、治すための道を歩んで頂きたいと思っています。

次のページでは『私自身の癌について』お話します。