久しぶりのフレンチディナー

佐伯にはヨーロッパでシェフとして活躍した方のお店があります。

【ムッシュ・ド・カワノ】です。

■河野 辰也氏 (Tatsuya Kawano) について
1990年 フランス・イギリスの三ツ星レストランにて修行を重ねる
1992年 オランダ・ドイツの日本大使館料理長として各界の要人に料理を提供する。
     その功績が評価され世界103ヶ国の日本大使館料理長の中から内閣外務大臣賞を受賞
1999年 ふるさと佐伯にムッシュ・カワノをオープンさせる。
2007年 ソムリエ取得。大分県初専門調理師のワインソムリエになる。
2008年 アシェット・ド・フロマージュ・コンテスト最優秀賞(グランプリ)受賞。(チーズプロフェッショ
     ナル協会主催チーズコンテスト)全国のチーズ専門家が集結する中、初出場で受賞。
現在   地元の食材を生かした地産地消料理を実践。店舗のプロデュースも手掛ける。

ソムリエの資格をお持ちのシェフですので、ワインのお話を聞きながら楽しく食事をしました。

女性4人の食事会でしたが、その中のお一人がワインに詳しかったのもですから、尚更の事お話が弾んで楽しかったです。

私は数年ぶりだったのですが、こんな時間も良いなと思った一夜でした。

2019101718390000前菜は9種類

2019101719020000玉葱のスープカプチーノ風

2019101719170000カマスの何とか風

2019101719330000リンゴのソルベ 

リンゴの果肉が入っていました。

メインは宮崎牛のステーキ

さすがプロ 焼き方がベストでした。

2019101720490000デザート
写真ではよくわからないのですが、抹茶ケーキ、チョコレートケーキ等々
ラングトシャを平たく焼いて割ってチョコレートに立てています。

専修寺山門正面

Image_20191003115901

専修寺の山門を正面から。。。

時代劇の撮影に使われたお寺です。