全ての病気は、血液の汚れから

健康のバロメーター(血液)

体調が優れず、病院に行くと、原因を判断する方法として、血液検査、尿検査をする事が多いですね。尿のおおもとは血液中の老廃物や水分であることを考えますと血液が、いかに健康のバロメーターとなっているかが分かると思います。


対外的な傷や骨折などは別として、ほとんどの病気は、「血液」が正常でない状態であるために起こりうると考えられます。

そこで、ここでは、「血液」が正常でない状態を、血液が汚れている状態として、
「血液の汚れ」と言うことにします。

癌に限らず、全ての病気は血液の汚れが原因であると考えると、様々な病気の原因物質も血液の中に存在するということになります。
血液の役割を考えれば、血液の汚れは病気や老化の原因になるという事は明白です。
その点に関しましては後で詳しく述べる事に致します。

さて、癌の病巣を手術で取り除いたとしても、再発や転移に怯えるのは何故だと思いますか?
手術をしても、癌を元から取り除いた事にはならないから」ではないでしょうか。
つまり、「病巣は除去しても、癌の原因を除去した事ではない。」からなのです。


全ての病気は血液の汚れが原因であると考えると、癌の原因物質も血液の中に存在するということになります。
たとえ、癌の病巣を手術で取り除いたとしても、血液の中の癌の原因物質を取り除くことはできません。癌になった原因を内蔵している血液は体中を巡っているのですから、再発や転移があって当たり前という事になります。
勿論、癌を増殖させた体質も概ねそのままの状態であると言えます。


例えて言うなら、癌やアトピーを始めどの様な病気もシミやくすみ等のお肌のお悩みも、薄毛などの頭髪のお悩みも、血液を綺麗にするという事をしていかない限り、一時的な改善などは期待できても完治は難しいという事になるのです。


反面、血液を綺麗にすれば、その様な悩みは改善されると言う事になります。更に、遺伝だと諦めている様な事でも改善される希望がもてるのです。


けれども、血液を綺麗にすると言うのは、血液をサラサラにすればよいと言うものではありません。
生命エネルギーが高く、力の有る血液にしなければならないのです。
薬で生命エネルギーが高く、力の有る血液にする事が出来るでしょうか?
答えは「NO」です。


生命エネルギーを波動値で計測する方々のデーターでは、農薬だけでなく、お薬などの化学物質も生命力を落とすとなっています。
つまり、生命エネルギーが高く、力の有る血液にする事が出来るのは、人間の作ったものではなく、生きとし生けるものを育んでくれている地球が、自然が与えてくれるものなのです。
そして、レトルト食品やインスタント食品等ではなく、できるだけ手作りのバランスの取れた食事をする事が大切なのは言うまでもありません。


けれども、たとえそうと分かっていても、なかなか無農薬や無添加物の食品ばかりを食べるわけにも行きません。
昨今、健康食品やサプリメントの宣伝をテレビのCMや新聞広告などでよく見かけます。
そして、栄養価が減っているから、その栄養を補う為にそれらが必要だと訪問販売などで勧められるケースも稀ではないようですが、果たして健康食品やサプリメントが本当に健康に良いのでしょうか?


かつて、厚生省が、サプリメントなどの摂りすぎに警告を発した事も有りましたし、サプリメントによる被害も報告されている事も考え合わせて、判断する必要があると思います。
(参考:「健康食品」の安全性・有効性情報) 


       
ところで、死んだら、心臓が停止しますから血液は流れませんね。
つまり、体中を血が流れていると言う事は生きていると言う証なのです。(当たり前のことですが・・・)

ですから、血液を綺麗にする努力は、血液の流れを良くして生命活動を円滑にするだけではありません。少し大袈裟かもしれませんが、血液を綺麗にする努力は寿命を全うする為でもあり、寿命が尽きるまでの生き方をも洗い流す事でもあるのではないかと考えています。


何故なら、血を綺麗にしていく努力は、食べる事、飲む事、運動する事、考える事、知識を深める事、生活のリズムなどを、今まで「良い」と思っていた事が本当に「良いのか悪いのか」を考える事でもあり、「悪い」と分かれば「悪い」事はしないと言う事だからです。



このようなことからも、血液の流れは生命活動そのものであるとも考えられ、綺麗な血液のスムーズな流れが健康を大きく作用するといっても過言ではないと思います。
私たちの体を流れる血液は、全身の血管を通って栄養と酸素を約60兆個と言われる細胞のすみずみまで運びます。

そして、老廃物と二酸化炭素を受けとって、それぞれ排せつ器官に送り出すことをくり返すことで、生命が維持されています。

また血液は、各分泌器官で分泌されたホルモンをそれぞれ対応する器官まで運び、働きを活発にさせたり、体内で発生する不必要な熱を体の表面の血管まで運び、体外へ放散させ体温調節をしたりするなど、私たちの健康にとても重要な働きを担っているのです。


血管は太いものからドンドン枝分かれし、徐々に細くてこまかい「毛細血管」に拡がっていきます。
心臓から送り出された血液は、動脈から毛細血管を通って全身をめぐり、再び毛細血管を経て静脈を通り、心臓へ戻ってきます。
一番太い大動脈の直径は3~4㎝あり、毛細血管の直径はわずか5~10μmです。そして全身のこれらすべての血管を1本に繋ぎ合わせると、なんと全長10万kmにもなります!
10万kmというと、地球2周半するほどの長さです。
この長い血管を血液は約50秒で1周するくらいの速さで流れます。
秒速2000km 分速120万km 時速720万kmになります。

それが、どれ位の速さかを比較しますと
・ 自転 秒速 500m 時速約1700km 
・ 公転 秒速 30km 時速10万km
・ 日本の新幹線の高速走行試験で443.0Km/h、
・ フランスのTGV-trantiqueが515.3km/h 
・ コンコルド 最高速度 2,179km/h
・ スペースシャトル だいたい秒速7.7km (時速にすると約2万7,700km)
・ ブラックバード 3,529.56km/h(実用高度25,929m)
SR- 71は1966年から1999年にアメリカ空軍で利用された超音速・高高度偵察機で、愛称はブラックバード。1976年7月27日3529.56km/h(実用高度25929m)の最高速度記録を出しました。

これらの事実からも、この流れをスムーズにするために血管と血液の健康は、何より大切なことだとお分かりになると思います。

血管も細胞で出来ているのです。血管も細胞で出来ているのですから、血液がドロドロしていると、これら全ての血管が老化してしまいます。更に、血液が汚れていると、体の隅々にまで栄養が行き渡らないばかりか、細胞に溜まった汚れを流して行く事も出来なくなります。
いかに血液の流れを良くしておく事が大切であるか、、血管の長さからも、血管を流れる血液の速さからもよくわかりますね!


人の血液量は体重のおよそ1/13(男性で約8%、女性で約7%)であり、体重70kgの場合は、約5kgが血液の重さとなります。
(参考:Wikipedia『血液』

以上をまとめますと、

と言うことです。

血液の役割

  1. ガス交換 二酸化酸素CO2を取り除き酸素O2を供給(赤血球)
  2. 栄養素の運搬(血漿)
  3. 水分、電解質などの運搬(血漿)
  4. ホルモンなどの運搬(血漿)
  5. 有害物質からの防御(白血球)
  6. 止血作用(血小板)
  7. 体温の調節(血漿)

以上のように、血液は極めて重要な役割を担っています。
血液が汚れてくると、このような働きがうまく機能しなくなってきます。
そうなると、体のあちらに体毒や害毒、濁毒などの体に良くない物質が次第に溜まってきます。その結果、疲れやすくなったり、肩こり冷え等が酷くなったりしてきます。
更にその状態を改善しないままにしておくと、癌やアトピー等の病気のみならずシミやくすみ等のお肌のトラブルや薄毛などの頭髪の悩みが現象化してくるのです。
東洋医学ではこのような働きがうまく機能しなくなった状態を、「お血」(瘀血、オケツと読みます)と言います。

血液の汚れの原因として考えられる事

  1. 運動不足
  2. ストレス
  3. 心身の過労
  4. 長期的な病気
  5. 食事の不摂生
  6. 生活環境異常(過剰な冷暖房)
  7. 虚弱体質
  8. 化学添加物、農薬などの化学物質 等など。

お血と関わりの深い病気

  1. 神経痛、リウマチ、関節炎、筋肉痛
  2. 冷え性、肩こり
  3. 皮膚掻痒症、アトピー性皮膚炎、乾性湿疹、慢性ジンマシン
  4. 外傷性疼痛(ねんざ、打撲)
  5. 疲労
  6. 血管神経性頭痛、脳外傷後遺症の頭痛、半身不随
  7. 動脈炎、静脈炎、血栓性血管炎
  8. 動脈硬化症、高脂血症、高血圧症
  9. 月経困難症(月経通)、不妊症
  10. 慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石症
  11. 腫瘍、できもの、前立腺肥大、慢性前立腺炎
  12. 慢性腎炎、ネフローゼ、水腫
  13. 性機能障害(不妊など)
  14. 肝炎、肝硬変
  15. 健忘、不眠、イライラなどの精神障害
  16. 子宮内膜症、子宮筋腫
  17. 糖尿病

(参考:漢方の大和屋創健倶楽部

血液の汚れを見ることが出来ます

血液細胞分析という観察方法があるのをご存知ですか?
私は恥ずかしながら、数年前に初めて耳にしたのですが、かれこれ50年前には確立されていた方法なのだそうです。
この方法で血液を観察すると、食品添加物やタバコのタールがなぜ体に悪いと言われるのか、またなぜ痛風になると「風が吹いただけで痛む」のか、その原因を目で見て確認することが出来ます。


血液の汚れは現実にあり、その裏付けを手にしたことで、私は自身が考えていたことに間違いはなかったと確信を得ました。
ここではその血液細胞分析について述べていきます。

Live Blood Analysis:Live Blood Analysis(LBA)またはLive Cell Analysis(LCA)

日本語では「バイタル・チェック」と表記されることが多いようですが、英語では"Live Blood Analysis"(血液細胞分析)または"Live Cell Analysis"と表記されます。


バイタル・チェックでは血液を1滴採取し、顕微鏡で拡大して画像として表示し、テクニシャンと被検者がそれを観察します。このことによって血流、赤血球、白血球などについて50以上の特徴の観察・解釈ができると言われています。
これらの特徴は心臓血管系、免疫系、消化系、肝機能、腺機能、微生物、毒物、ストレス、ラジカルによるダメージに関連しています。


血液の塗抹標本と違うのはこの検査は生きた血液細胞を観察するということです。そのために通常の顕微鏡ではなく暗視野位相差顕微鏡を用いて観察します。

血液細胞分析で見られるもの

画像に見る血液の汚れ

以下の画像は、三宮 悠市氏・朝川 兼行氏の著作「きれいな血液が健康をつくる!―あなたの血液、健康ですか?」に掲載されている写真です。

サラサラ血液 痛風の血液 タバコのタール 有棘赤血球
(クリックすると拡大して表示されます。)

次のページは『汚れを出すということ』についてお話します。